メディプラスゲルが毒性という噂はやらせ!?使う前に知るべきこと

メディプラスゲルは無添加で肌に優しいスキンケア化粧品といわれていますが、毒性とされる成分は入っているのでしょうか?

 

メディプラスゲル 毒性

 

私もメディプラスゲルは気になっていたので、「毒性はあるか」という観点で調べてみました。

 

 

メディプラスゲルに毒性のある成分は入っているか

 

確かに口コミなどを見ているとジェルの中に

肌に良くない成分が入っているのでは?

ポリマーが浸透して危険?

などの意見がありました。

 

こんな口コミを目にしてしまうと、怖くなってしまいますよね。

 

メディプラスゲル 毒性

 

ではメディプラスゲルはやっぱり使用しないほうが身体にとってはよいのでしょうか?

 

 

安心してください!大丈夫ですよ!

 

 

皆さんが口コミで言われている毒性とされる成分は「カルボマー」だと予想されます。

 

カルボマーは正式名称を「カルボキシビニルポリマー」と言うそうです。

 

確かにこれはポリマーの一種になります。

 

ポリマーと言うと「プラスチックやビニール製品」と同じような想像をしがちです。

 

しかしそれは違います。

 

メディプラスゲル 毒性

 

ポリマーは同じものがたくさん繰り返し結合した高分子の物質のことを指しています。

 

いわゆるコラーゲンやたんぱく質、セルロースも全部ポリマーになります。

 

ポリマーと言うと、プラスチックやビニール製品と同じものだと想像しがちなので毒性なのでは?と思ってしまいますが、実はすべてのポリマーが悪というわけではないのです。

 

 

よって、メディプラスゲルに使用されているポリマーは、安全だということがわかりました。

 

 

メディプラスゲルは安全な商品なのか

 

ポリマーにも数多くの種類があります。

 

美容業界で言われている悪の物質ポリマーは「一部の人工合成ポリマー」のことを指します。

 

メディプラスゲルは安全な商品なのか・・・

 

それは安全な商品と言えます!!!

 

メディプラスゲル 毒性

 

メディプラスゲルに含まれているカルボマーは安全と確認されている安全な物質なのです。

 

メディプラスゲルに使われているカルボマーは水溶性のポリマーです。

 

水溶性ポリマーは構造的に水に溶けることで粘度を上げるように出来ています。

 

プラスチックやビニールとは全く似ても似つかず、寒天やゼラチンと性質が似ているくらいです。

 

メディプラスゲルと検索すると、「毒性」と出てくるので心配になってきますが、メディプラスゲルに使われているカルボマーという成分は水溶性のポリマーであるため、安心な化粧品と言えます。

 

結論!!!メディプラスゲルは毒性のある成分は入っておらず、安心な商品と言えます!!

 

 

>>>メディプラスゲルの公式サイトはこちら